スプレーゼ新商品クリームシャンプーの魅力をすみしょうが解説


こんにちは!スプレーゼのすみしょうです。

今回はかねてより皆様にご協力いただいていたクリームシャンプーについて、販売開始が今秋となりましたので、現段階でお伝えできる範囲で使い方や特徴について詳しくご説明いたします!

「クリームシャンプーって何?」と思っておられる人は、ぜひこの記事を読んでください。

クリームシャンプーは、スプレーゼの他商品と同じくみなさんの生活の中の大切な時間を節約してくれる、タイパ抜群のアイテムなのでお見逃しなく!

開発中新商品: スプレーゼクリームシャンプーの魅力

スプレーゼは、アイテムをなるべく少なく、忙しい毎日を送る皆様の心と時間にゆとりを持っていただきたい、そんなコンセプトで 成分と効果を追求し、開発をしています。

新商品のシャンプーは、1回でシャンプーもトリートメントもできるクリームタイプのシャンプーです。

ヘアトリートメントがベースになっているので、泡立ちません。

その代わりに頭皮に優しく、頭皮を穏やかに洗浄できるクレンジング成分を配合しています。

「泡立っていないと洗えているか不安!」

という声が聞こえてきそうですが、汚れを綺麗に洗うことと泡立つことは関係がないことも。

例えば、スプレーゼ バリアグロウクレンジングオイルは泡立ちませんがしっかりメイクや日焼け止めや、毛穴汚れを落とします。

泡立てなくても、クリームシャンプーはシャンプーと同じ役割を果たしますので、安心してご利用ください。

 さらに、重要なポイントがあります。

クリームシャンプーを使う際には、優しく髪と頭皮をマッサージしてください。

指の腹を使って円を描くようにマッサージすることで、血行を促進し頭皮の健康をサポートすることができます。

このようにクリームシャンプーは1本で多機能な役割も果たしてくれ頼もしい時短アイテムです。

クリームシャンプーの欠点を克服するために

近年増えてきている「クリームタイプのシャンプー」は、ポンプ容器にすると中身が容器内にたっぷり残ってしまい、使い切りが難しいというデメリットもあります。

「じゃあチューブ容器にすればいいじゃん、、、」

という意見もあると思いますが、チューブ容器だと、キャップを開ける手間が面倒という私の個人的な思いから、どうしてもポンプにしたかったんです。

「ポンプ容器で最後まで、余すことなくうまく使い切りたい…!」

そんな想いから、私すみしょうを筆頭とする研究開発チームで試行錯誤を重ね、最終的に採用したのは特殊なエアレス容器。

使えば使うほど、銀色のパウチ部分が、どんどん凹むので中身を最後まで使い切ることができます。

このように残量が分かりやすいだけでなく、詰め替えパウチ部分を購入頂けますので、ゴミをなるべく削減しながらご使用いただけます。

(上記写真は、サンプルです。実際の商品とはデザインが異なる点があります。)

クリームシャンプーの香りは?

みずみずしいベルガモット&ジャスミンの香り】です。

トップノートは緑豊かなさわやかさとみずみずしさを兼ね備えたベルガモットの香りから始まり、
ミドルノートにはミュゲ(鈴蘭)とライラックとジャスミンの花々がやさしく甘く漂い、
ラストに向けて徐々に余韻を残しながらムスクとヘリオトロープと溶け合います。

使用感の口コミ/使用感レビュー(モニターさん、スタッフ感想)




指通り、手触りが良くなった、まとまるようになったとの意見が多数いただきました!ご協力をいただいたモニターの皆様、ありがとうございます。

【モニターの方の口コミ/スプレーゼクリームシャンプー】

  • 髪の毛が柔らかくなったように感じました。
  • 手触りや洗い上がりは大満足で、ベタつかずサラサラです。
  • 一回で指通りサラサラ、髪の纏まりが良いのを感じた。
  • 初めて泡立たないタイプのクリームシャンプーを使用しましたが、洗い流した後の髪のツルツル感に驚きました
  • サラサラになるし、まとまりもでて良かったです。
  • 毛量が多いので朝起きると髪の毛が広がってしまうのですが少し落ち着いていたように感じました。
    髪の毛が絡まることもなく、使用感はとても良かったです。
  • 洗い上がりはしっとりまとまるのに、重たい感じはなくとても使用感が良かったです。
  • 1本で済むのが楽。
  • 子どもとお風呂に入る時は時間との勝負ですが、シャンプーとトリートメントが1本で済むのは本当に楽で、商品化すればサブとしてストックしておきたいと思いました。
  • ワンアイテムなので、タイムパフォーマンスは抜群でした。
  • クリーム系のシャントリは苦手でしたが、使用感とても良かったです!
    とにかく楽なので旅行に行く時等必須アイテムだなと思いました。

【社内スタッフの口コミ/スプレーゼクリームシャンプー】

▼社内スタッフに使用してレビュー報告してもらいました。

また、当社研究部の女性社員とその娘さん2人(小学生、保育園)に使ってもらいました。

ご自身も、お子様も髪の毛がかなり長いので、シャンプーとコンディショナーはマストで使っていたそうです。

「髪の毛が絡まるとドライヤー、髪の毛をくくる時に時間がかかりストレスになります。特にバタついている朝は櫛を使っている余裕がなく、手櫛だけで髪の毛をくくってあげられるのが時短になっています。」とのことでした。

ヘアケア成分の説明/スプレーゼクリームシャンプー

もちろん毛髪補修成分もしっかり配合し、ダメージケア効果も追求しております。

その中の1つがアミノ酸系の毛髪補修成分「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」。

こちらはヘアケア研究界隈では有名な成分なのですが、その理由として、ヘアケアのエビデンスがたくさん取得されてる成分なのです。

当社もこの成分を原料メーカーさんの推奨配合量で配合し、毛髪ダメージをケアするヘアパック効果も持たせています。

他にも特徴的な成分や、機能があるので、また正式なリリースが決まったらお知らせしますね。

 

パッケージへのこだわり/スプレーゼクリームシャンプー

(上記写真:ラベル会社の方と打ち合わせ@東京)

ラベルの色は「うるおい」をイメージして、綺麗なブルーのグラデーションでデザイン。

こちらはフォロワーさんに意見をもらい、選んだ色味になります。
(いつもご協力ありがとうございます!)

しかし実際の印刷で、商品名の文字が見えなくならないように、どこまで色を濃くするかを現場で確認したいと思い、立ち会いました。

そこで、ラベルのプロの方にお話を伺い、勉強もして参りました。

色をピンポイントで濃くしたり薄くしたりは不可能とのこと…。

色を濃くするのはできるが、薄くするのは機械の関係でかなり時間がかかるので、慎重にしなければならないそうです。

1回目の試し印刷では、少し色味が薄いと感じましたので、青みを上げてもらいました。すると良い感じに仕上がったので、決定しました。

本当は青と水色のグラデーションをもっと濃淡を強く出してはっきりとさせたかったのですが、印刷段階では難しいそうです。

 今後は印刷データを作る段階で、理想のグラデーションが実現するように濃淡に差をつけたほうが良さそうです。

お手に取った皆様の、ラベルデザインに関するご感想もお待ちしております。

まとめ:スプレーゼクリームシャンプーについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

  • 「クリームシャンプーを使ってみたいと思った!」
  • 「時短になるなら使ってみようかな…」
  • 「家族全員で使えそう!」
  • 「何を使っても頭皮が乾燥する…」
  • 「香りが気になる!」

上記に当てはまる方、ぜひ1度使ってみてください。

発売予定は今秋を予定しています!

詳細が決まり次第、各種SNS、メール等にてご報告いたします!

🌟すみしょうプロデューススキンケア「souplesse スプレーゼ」

・スプレーゼ バリアグロウ クレンジングオイル

肌バリアを健やかにという想いで処方設計したスプレーゼ人気No.1クレンジングオイル。ダブル洗顔不要で洗浄回数を減らし肌にやさしい設計です。

・NCエッセンス
天然ヒト型セラミドを独自技術で配合した美容液のようなサラサラした化粧水。シトラスムスクの香りと無香料の2タイプがあります。